2013年12月26日木曜日

ギムネマシルベスター1箱20袋を発注

今日は手元にあったギムネマ茶があとちょっとになってきた為、
改めて注文してみました。

年末年始の時期ですが、年内到着は間に合うようです。

それにしてもギムネマ茶は面白い紹介の仕方がされています。
「甘みを感じなくなるお茶」というわけです。

わたしがギムネマ茶を知るきっかけになったのは、
去る10数年前のことです。

そもそもコンビニなどでの食事やお菓子を求めることが急速に増えて、
何やら体調に変化が出てきていたころです。

よい点での変化なら大いに歓迎しますが、
この時は残念ながら体調はますます悪くなっていきました。

一つは不整脈が起き始めていました。
健康診断で明らかとなりましたが、しょうがないので精密検査をすることに…
しかし結果は、明らかに不整脈はあるものの、様子を観察してみるというものです。

時間は過ぎても、あまりにおかしいので考えあぐねていました。

同時に、血糖などもやや高めだというのでギムネマ茶を飲むことにしました。
すると、数か月毎日お水代わりに熱いお茶に煎じて飲み続けた結果、
幸いにして不整脈は収まりました。

因果関係ははっきりしませんが、結果が出たことに喜びました。

その経験を踏まえて、今度は母の糖尿病発見に合わせて再度飲み始めました。
以前の余りがありましたので、かなり年月は過ぎていましたが、
あまり賞味期限は関係なさそうでしたので飲んでいましたが、
漸く3か月でなくなろうとしているわけです。

今回20袋ですから、まあ1年半ほどは持つんだと思います。
それくらい根性を据えて飲みきらないと、なかなか糖尿はよくなりませんよね。

更に血管を強くし、血液、中でも赤血球の弾力を増す為にウォーキングを勧めています。

最初は、高齢であるがゆえに、
また外反母趾などの理由で直ぐに歩くこともリタイヤしていましたが、
少々運動を続けて漸く苦にならずにウォーキングできるようになったようです。

ギムネマシルベスター1箱20袋と運動、更に食事療法で糖尿病を遠ざけたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿